お知らせNEWS

2022.04.09

歯が痛い

歯が痛くなる場合、実は様々な理由が考えられます。
虫歯が一般的ですが、その他にも中程度以上の歯周病、歯軋り、歯のヒビ、噛み合わせ、知覚過敏、不定愁訴(原因が特定できない歯痛)などが考えられます。 人間の身体は痛みを緩和させようとする作用を持っているので、虫歯があっても痛みがなくなってくることもしばしばあります。 また、急激な痛みを伴わずに、歯の神経が壊死してしまうことも少なくありません。 歯の組織は、最終分化組織と言われ、二度と自然に再生しないため、定期的なメンテンスを前提に、できる限り早期に治療介入する必要があります。 一方で、過去の歯科医療のように、「黒ければ削る」というものではありません。 治療介入が必要な歯なのかをしっかり見極める必要があります。 誤診、誤治療を防ぐために、当院では必ず初診時にお口の基礎検査を行い、適宜、必要な検査を実施します。 「歯科医院を歯を削るところから、歯を守るところにする」を本気で取り組んでいます。 気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
医療法人NINE NETWORK
理事・統括医師 竹山 旭(Akira TAKEYAMA)